So-net無料ブログ作成
検索選択

デジカメ撮影時の光源としての白色LED (その2) [フィギュア撮影]

 前回試してみたLED(発光ダイオード)は光が青っぽくてデジカメ写真を撮るときの照明としては今一歩だった訳ですが、世の中にはもっと白い(無彩色に近い)LEDがあるはずだ!ということで、秋葉原でいくつか買ってきて試してみました。まとめて書くと以下のような感じです。白さに関しては私の主観で3段階の評価をしました。あくまで主観です。また、各型番ごとに1個ずつ点灯させてみた結果なので、個体のバラつきに関しては今のところ何とも言えません。

型番 メーカ 白さ 単価(購入店)
NSPW500CS(bU) 日亜化学工業 A (今回一番無彩色に近かった) 180円(千石)
SLP-WB89A-51 不明 B (少し赤っぽい) 80円(秋月)
AD57W ACP B (少し黄色っぽい) 70円(千石)
E1L51-YW(AO) 豊田合成 C (黄色っぽい) 170円(千石)
OSWT5111A OptoSupply C (青っぽい) 100円(秋月)
OSPW5161P OptoSupply C (青っぽい) 70円(秋月)
KIT-LE5/W ? オーム電機 ? C (青っぽい) 忘れた(ドイト)

 測定条件は以下の通りです。
・4本直列にした単3電池を電源として使い、150Ωの抵抗をLEDと直列に入れています。
・LEDを裸で使った場合は色むら(方向によって黄色っぽい光だったりとか)があったのもありましたが、秋月で買ったLED光拡散キャップを被せるとほとんど気にならなくなりました。上記の結果は被せたときのものです。LED光拡散キャップは3.1mm径のが20個入り100円、5mm径のが50個入り200円でした。SLP-WB89A-51は直径3.1mm、他は全て直径5.0mmです。

 その他注意事項などは以下。
・秋月は秋月電子通商、千石は千石電商です。まとめ買いをすると安くなるのもありましたが、OSPW5161P以外は1個買ったときの値段です。OSPW5161Pは10個が最小単位で700円でした。抵抗がセットになっているのもありましたが、その値段は無視しています。
・オーム電機のKIT-LE5/Wというのはメーカの名前・型番ではなく、販売会社のものではないかと思われます。
・E1L51-YW(AO)は型番(Yellow White?)からすると元々黄色っぽいLEDかも知れないので、白色LEDとして比較するのは不公平かも。

 以下、光らせたところの写真を載せておきます。ホワイトバランスは固定(LED消灯時が白になるよう調整)で撮影しました。カメラやディスプレイの特性により元の色と多少ずれるかも知れませんが、LED同士の相対的な色の傾向は判るのではないかと思います。左がLED光拡散キャップをつけた場合、右がつけない場合です。


↑ NSPW500CS(bU)


↑ SLP-WB89A-51


↑ AD57W


↑ E1L51-YW(AO)


↑ OSWT5111A (型番を間違えて書いてます。OSWTが正しい。)


↑ OSPW5161P


↑ KIT-LE5/W

 結論としては、
・NSPW500CS(bU)はデジカメ撮影時の光源に使えそう。
・SLP-WB89A-51とAD57Wはもしかしたら使えるかも。
・その他はちょっと厳しそう。
 という感じです。

 あと、千石で白色ではなく電球色のLEDも見つけたのでついでに買ってきました。日亜化学工業のNSPL-500Sというもので、単価280円。写真は以下。


↑ NSPL-500S

 確かに白熱電球っぽい色です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。